未成年者でも発行可能なクレジットカード

年会費の無料なクレジットカードの発行を希望する未成年は少なくないようです。
未成年でクレジットカードを発行してもらうには、18歳になる年の4月2日以降まで待たなければなりません。
たとえ正社員として働いている人でも、20歳以下の未成年で収入が安定していないと、保護者の同意が必要です。
この場合、クレジットカード会社が、申し込み者の保護者に向けて直接連絡を取ります。
つまり、未成年のうちは、自分だけでクレジットカードを作ろうとしても、断られてしまいます。
未成年でもクレジットカードが欲しくなる背景には、ネットショップはカード決済が多いということがあります。
クレジットカードを持っておきたい状況として、留学や観光で海外に行く時があります。
大学生のほうがクレジットカードの審査に通りやすかったり、学生向けサービスが充実しているカードもあります。
大学生がクレジットカードの申し込みをした場合、親は子を大学に入れる余裕があったことになりますので、その時点で信用が上がります。
高校生がクレジットカードを持ちたいといっても、対応している金融会社はありません。
16歳以上が使えるデビットカードはありますが、年会費がかかります。
デビットカードは、クレジットカード会社が代わりにお金を支払ってくれているのではゆなく、銀行口座からお金を抜くものです。
自動契約機で審査借入できるクレジットカードを持つことは、成人後と比べて条件設定が細かいこともありますが、利用できるという点では正しいようです。